このエントリーをはてなブックマークに追加

クロムで血糖値を下げる

サプリ

インスリン抵抗性を改善

クロムは糖尿病予防のサプリメントの中でも、最近注目を集めている成分です。もともと体内には極めて微量しかない元素ですが、不足すると肥満になる傾向があり、ダイエットサプリメントとしても利用されています。糖尿病にはインスリン不足で起きる場合と、インスリン受容体の感度が鈍るために起きる場合があり、後者をインスリン抵抗性と呼んでいます。クロムはインスリン抵抗性を改善し、細胞へのブドウ糖の取り込みを促進して、血糖値を下げる作用があると言われています。インスリンが不足している1型糖尿病の患者は、インスリン注射などの治療を受ける必要があります。クロムを含むサプリメントは、主に肥満が原因となる2型糖尿病に効果が期待できます。

食べ過ぎの傾向がある方に

ビール酵母には非常に多くのクロムが含まれています。そのまま食べても構いませんが、味や匂いに抵抗がある方は、サプリメントの形にすれば摂取しやすいでしょう。日本ではクロムをそのままサプリメントにすることが認められていないため、ビール酵母を原料とする製品が主流になっています。これは天然の成分なので安全性が高いとされ人気があります。サプリメントに利用されるのは、発ガン性が問題になった6価クロムではありません。しかし大量に摂取したときの弊害については、まだよく分かっていないところがあるので、過剰摂取には気をつけてください。クロムは代謝を促進する作用があることから、つい食べ過ぎてしまう方に適したサプリメントと言えます。